HOME > 新宿 > リーガロイヤルホテル東京

■ リーガロイヤルホテル東京

 

ようこそ、都会の隠れ家へ。

1万坪もの大隈庭園と、神田川や目白台の緑に囲まれた閑静な地に佇むリーガロイヤルホテル東京。
インテリアは、ホテルデザインの名手、ジョン・グラハムによってヨーロピアン・クラシックで統一され、
まるで欧州の貴族の館に招かれたかのような贅沢な時間が流れます。

そして、ゲストお迎えするのは、70年にわたり世界の賓客をお迎えしてきた名門、
リーガロイヤルホテルのホスピタリティ。

続きはこちら


緑に囲まれ佇むホテル。都心への「小旅行」へ・・・

新宿区という都心にありながら、緑に囲まれた閑静な立地。ホテル正面に広がる大隈庭園は、早稲田大学の創設者・大隈重信候の別邸跡に広がる1万坪もの文人風庭園。またホテルの周囲には、新江戸川公園や甘泉園などがあり、都心とは思えない静かな時間が流れています。

リーガロイヤルホテル東京
リーガロイヤルホテル東京について詳しく

英国紳士の世界へようこそ

インテリア、調度品をすべて英国調でまとめ、シックな薫りにつつまれた本格的なセラーバー。オリジナルカクテルも充実。バーとしては、都内有数のワイン保有数です。

リーガロイヤルホテル東京
レストラン、バーについて

で、そのセラーバーですが・・・

実はコンシェルジュに、このリーガロイヤルホテル東京のセラーバーについて詳しく紹介されています。そもそもセラーバーというのはウィスキーとシガー(葉巻)を楽しめる、英国風のバーのことらしいのです。よく、映画なんかで描かれている英国紳士の社交場ですよね。

で、リーガロイヤルホテル東京のセラーバーですが、約300種類のお酒と約20種類のシガーがあり、特にシングルモルトウィスキーは約100種類あるそうです。これはホテルのバーとしてはケタ外れの品揃えだとか。

チーフバーテンダーの藤田さんはウィスキーのソムリエ「ウィスキーコニッサー」と「シガーアドバイザー」の有資格者で、特にシングルモルトについての知識はピカイチ。

シガーなんて吸ったこともないし・・・ なんて尻込みしてしまいますが、500円で吸えるものもあるし、そもそも来られるお客様のほとんどがシガー初心者らしいですから、ここはひとつ、リーガロイヤルホテル東京で「大人のタシナミ」を楽しんでみてはどうでしょうか?

 

リーガロイヤルホテル東京

 

 

ちなみにコンシェルジュというのは・・・⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒   


宿泊者の感想

今回、同じお部屋に二度目の宿泊ですが、毎回清潔感あるお部屋で気持ちよく滞在できます。フロントの方の対応も非常に親切で、東京出張では欠かせないお宿です。

もっと宿泊記を見る リーガロイヤルホテル東京の口コミ情報(一休.com)


リーガロイヤルホテル東京

東京都新宿区戸塚町1-104-19

 

【一休.com】リーガロイヤルホテル東京の予約プラン
(最大60%のご優待)







【HOME 】 【↑PAGETOP】
池袋・目白| 新宿 | 渋谷・恵比寿・目黒 | 水道橋・飯田橋 | 赤坂・虎ノ門・六本木| 丸の内・日比谷・有楽町
銀座・日本橋・新橋 | 上野・浅草・両国 | 品川・天王洲・浜松町 | 台場・汐留・竹芝 | 西東京 | 大島
舞浜・浦安・幕張 | 千葉

姉妹サイト 【大阪の高級ホテル宿泊記】 | 【京都の高級ホテル宿泊記】

RSS| RSS RSS フィード